clinging「執着心が強い」クリンギングな性格

クリンギング

今日は、クリンギングという言葉を使えるようになってもらいます。clingとは、びたーっとくっつくこと、粘着すること。過去の栄光や、現在の地位にしがみついたり、パートナーに対して別れたくないと何度もしつこく すがりついたりする人。利権を守ろうとして、新しい政策を妨害するような人。そんなクリンギングな人をイメージしながら、定義や類語を音読してください。

clinging「執着心が強い」の定義は?

clingingの定義

Too dependent on someone emotionally.

lexico.com

感情的に誰かに依存しすぎること。

to stay close to someone all the time because you are too dependent on them or do not feel safe – used to show disapproval

ロングマン現代英英辞典

依存しすぎていたり、安心できないという理由で、いつも誰かのそばにいること。悪い意味で使われる。

If someone clings to a position or a possession they have, they do everything they can to keep it even though this may be very difficult.

Collins Dictionary

クリングする人とは、それが困難にもかかわらず、ある地位所有物持ち続けようとする人。

clinging「執着心が強い」の類語は?

clingingの類語

不安で、心配で、ゆえにしつこいつきまとう人をイメージしながら音読しましょう。

dependent「依存している」
reliant「頼っている」
attached「結びついている」
insecure「不安な」
scared「怖がっている」
anxious「不安な、心配な」
persistent「しつこい、固執する」
adherent「粘着性の、執着した」
vulnerable「傷つきやすい、もろい、弱い」
weak「弱い」

clinging「執着心が強い」の反対語は?

clingingの反対語

執着しない余裕がある人物をイメージしながら音読しましょう。

separate「離れている」
unattached「くっついていない」
distant「遠い→関係が遠い」
aloof「よそよそしい、冷淡な」
strong「強い」
independent「独立した、依存してない」
mature「成熟した」

クリンギングってどんな性格?まとめ

「これは俺のだ!誰にも渡さない!」一度でも、自分が手にしたもの、関わったものに対して、必要以上に執着するような人。モノであったり、地位や権力であったり、過去の記憶であったり、はたまた元彼、元カノであったり。なぜ執着するのか?それは不安だからです。弱いからです。だから自分以外の何かに頼って、すがっていないと生きてはいけません。そんなクリンギングな人。周りにいます?

クリンギング