courteous「礼儀正しい」カーティアスな性格

礼儀正しいカーティアス

礼儀正しいは、英語でcourteous。というわけで今日は、カーティアスという言葉を使えるようになってもらいます。上品な人っていますよね。着ている服とか身に付けているモノではなく、「人間性」だとか「振る舞い」だとかが上品な人です。「きっと育ちが良いんだろうなぁ」と思わせる、そんなカーティアスな人を具体的にイメージしながら、意味や類語を音読していきましょう。

courteous「礼儀正しい」の意味

courteousの意味

定義はとっても大切で核心部分なので、しっかり音読しましょう。

Polite, respectful, or considerate in manner.

lexico.com

作法において、礼儀正しく敬意を表し思いやりがあること。

polite and showing respect for other people

ロングマン現代英英辞典

丁寧で、他の人に敬意を示すこと。

Someone who is courteous is polite and respectful to other people.

Collins Dictionary

カーティアスな人とは、礼儀正しく、他人に対して敬意を示す人。

courteous「礼儀正しい」の類語

courteousの類語、似たことば

後ろのおばあさんのために、さりげなく自然にドアを抑えててくれるような人をイメージしながら、カーティアスの類語を音読していきましょう。

courtly「上品な、礼儀正しい」同じcourtです。
considerate「思いやりのある」
thoughtful「思いやりのある、思慮深い」
polite「丁寧な」
polished「磨かれた→上品な」
refined「洗練された→上品な」
mannerly「行儀よい」
well mannered「行儀のよい」
well behaved「行儀のよい」
civil「最低限度に礼儀正しい」
respectful「敬意を表する」
deferential「違いを示すこと→敬意を表する」

courteous「礼儀正しい」の反対語

courteousの反対語、逆のことば

無神経で、失礼で、乱暴で、汚くて、野卑な人をイメージしながらカーティアスの反対概念を音読していきましょう。人に向かってゲップをしたり、くちゃくちゃ不快な音を立てながら食事をするような人です。

discourteous「失礼な、不躾(ぶしつけ)な」
disrespectful「失礼な、無礼な」
heedless「不注意な」carelessってこと
 heed「注意を払う、心に留める」heed+less
thoughtless「不注意な、考えのない」
impolite「不作法な」
inattentive「不注意な、無頓着な」
inconsiderate「思いやりのない、分別のない」
mean「意地の悪い」
rude「失礼な」
uncivil「無作法な、不躾な、野蛮な」
unkind「不親切な」
unmannerly「行儀の悪い」
bad-mannered「行儀の悪い」

カーティアスな人ってどんな性格?

ちなみに、courtとは「宮廷、法廷」のこと。宮廷の場にふさわしい、礼儀や作法がきちんと身に付いている人をcourteousというわけです。では、その礼儀や作法とは一体どういうものなのか。それは、他人に敬意を示すということです。つまり、相手の立場や気持ちを察してあげる、気にかけてあげるということです。そのために必要なのは「注意力」。困っている人がいたら、きちんとそれに気づいて、助けてあげる。それがカーティアスな人なのです。

礼儀正しいカーティアス