jealous「嫉妬深い」ジェラスな性格

嫉妬 妬み そねみ jealous

今日は、ジェラスという言葉を使えるようになってもらいます。自分のパートナーが他の異性と話しているときに、不機嫌になったりする人いますよね。他人のフェイスブックやインスタグラムで、幸せそうな姿を見て「チッ!」ってなる人。そんなジェラスな人をイメージしながら、定義や類語を音読していってください。

jealous「嫉妬深い」の定義は?

jealousの定義。まずは基本を押さえないと始まりません。

feeling unhappy because someone has something that you wish you had.
feeling angry and unhappy because someone you like or love is showing interest in another person, or another person is showing interest in them

ロングマン現代英英辞典より引用

自分が望むものを、他人が持っているという理由で、不幸な気持ちになること。自分の好きな人が、他の誰かに興味を持っているという理由で、怒って不幸に思うこと。もしくは、他の誰かが、自分の好きな人に興味があるという理由で、怒って不幸に思うこと。

Feeling or showing an envious resentment of someone or their achievements, possessions, or perceived advantages.
Feeling or showing a resentful suspicion that one’s partner is attracted to or involved with someone else.

lexico.comより一部引用

他人の成功、所有物、優位に見えることに、妬ましい憤慨を示すこと。恋人が別の誰かに惹かれたり、関係をもったりするんじゃないかと、憤怒の疑いを示すこと。

要は、ねたんで、怒って、怒って、疑うんです。

jealousには、大きく二つの意味があるようです。

一つは、自分は持っていなくて、他人が持っているという事実に対して、怒ったり悲しんだり欲しいと思ったりする、現状を恨むタイプの妬み。飢餓感。現状は満たされていないんです。

もう一つは、自分が欲しているものが、他人の手にわたってしまわないかという未来への不安からくるタイプの妬み。考えすぎ心配不安

といっても、要はどちらも、他人にとられたくない、自分のものにしたいという支配欲求です。jealousの根っこにはそういう欲が潜んでいそうです。

jealous「嫉妬深い」の類語は?

jealousの類語

anxious apprehensive attentive envious intolerant possessive protective resentful skeptical suspicious

Thesaurus.comより一部引用

anxious不安な」
apprehensive恐れる、懸念する」
enviousうらやむねたむ嫉妬深い」
intolerant不寛容な」
possessive所有欲の強い」
protective守る保護する」
resentful憤慨している、腹を立てている」
suspicious疑い深い疑念に満ちた」

jealous「嫉妬深い」の反対語は?

jealousの反対語。逆も大事!

trusting , indifferent , carefree, satisfied

Collins Dictionaryより一部引用

calm content undoubting unworried confident satisfied trusting unresentful

Thesaurus.comより一部引用

trusting信用している」
indifferent無関心な、無頓着な」
carefree心配のない
satisfied満足した」

calm穏やかな、静かな、風のない」
content満たされた満足した」
unworried心配のない
confident自信に満ちた」

jealous「嫉妬深い」の逆、反対の人は、「満たされている」人です。満足しているんです。自信にも「満ちて」いるんです。不安や心配もありません。だから気にしない。動揺しない。穏やかなんです。慌てふためいたりしない、うらやんだりしない。それがjealousの反対の人。自分に満足しているんです。もう十分に足りてるんです。

jealousってどんな性格?まとめ

なぜ人はjealousになるのか?それは満たされていないからです(unsatisfied)。自分の人生が満たされていない、そんなときに「満たされている人」を見る。そしていかに、自分が満たされていないのかを実感し、嫌な気持ちになる。自己嫌悪で済めばいいのですが、それが深刻になると…「自分を嫌な気持ちにさせる相手」として、満たされている人を嫌いになり、度が過ぎると攻撃さえ始める。

一種の条件付けです。

幸せな人を見る→自分が嫌な気分になる→幸せな人は「私を嫌な気分にさせた人」→幸せな人は嫌な人→攻撃しなきゃ。

これが嫉妬のメカニズム。

それに加えて、jealousな人には所有欲(desire to possess)もあります。自分が持っているものを維持し続けたい(keep having it)という所有欲もあれば、他人の持っているものを自分も手に入れたいという所有欲。そんな所有欲のある人が、不安になり(anxious)、心配になり(worried)、恐れて(apprehensive)、疑い深くなると(suspicious)、かなり厄介なことになります。自分が持っているものを奪われるんじゃないか?取られるんじゃないか?あの人が、持っているのは、私から奪ったからなんじゃないか?必要以上に、腹を立てたり(resentful)、保護しようとしたり(protective)、所有しようとします(possessive)。

嫉妬=不幸な現実+所有欲保護欲+心配不安恐怖疑念妄想

jealousな人はそんな人。

あなたはjealousな人ですか?周りにそういう人はいますか?

※重いケースだけ扱いましたが、軽いニュアンスで使えば軽い意味になります。この記事ではあくまでも、性格の根っこがjealousな人の解説になります。

嫉妬 妬み そねみ jealous