【needy】メンヘラ的で依存的なニーディな性格とは?

メンヘラ的なニーディ

依存的な人は英語でneedy

というわけで今日使えるようになってもらう言葉はneedy(ニーディ)です。

つきまとってきて、ちょっとうっとおしい人っていますよね。かまってちゃんというか、依存心が強いというか、相手が自分に注意を向けていないと嫌な人。一人だと不安で仕方が無い人です。愛情に飢え、常に依存する誰かを必要としている人。そんなメンヘラ的ニーディな人をイメージしながら、今日も音読やっていきましょう。

needyの真の意味は?

(of a person) needing emotional support; insecure.

lexico.com

感情的なサポートが必要なこと。不安なこと。

needing and wanting a lot of love and attention

ロングマン現代英英辞典

気に留めてもらうこと必要としていること。

having or showing a need for affection, emotional support, etc.

Collins Dictionary

愛情感情的な支え必要とすること。

needyの類語は?

addicted「中毒の」
obsessed「取りつかれた」
attached「結びついている、慕っている」
dependent「依存している」
reliant「頼っている」
defenseless「無力な」
immature「未成熟の」
clinging, clingy「まとわりついた、依存心が強い」
vulnerable「傷つきやすい」
lacking「足りてない」
uncertain「不確かな」
anxious「不安な」
self-doubting「自己不振の、自分を疑っている」

needyの反対語は?

cool「冷静な、クールな」
happy「幸せな」
assured「確かな、自信のある」
fearless「恐れ知らずの」
unafraid「怖がっていない」
unworried「心配していない」
strong「強い」
independent「独立した」
mature「成長した、成熟した」
self-reliant「自分がよりどころの、独立した」
confident「自信のある」

ニーディってどんな意味?

もともとこのneedy(ニーディ)という言葉は、文字通り「必要としている人」のことです。一般的には、食べ物や衣服、住居などが手に入らない貧しい人達を形容する言葉。needy peopleで「恵まれない人々」といった感じの意味。

もう一つの意味が「愛情に飢えている人」という意味です。個人の性格を形容する際は、こちらの方の意味になります。

恋人などの関係で、パートナーにべったりになってしまい、その人がいなくなったら死んでしまいそうな人は、だいぶニーディな人です。相手に依存しきってしまっているわけです。いわゆるメンヘラのことです。

こういう性格の人は、自分の寂しさを埋めるために相手を必要としているだけなので、あくまでも自己中心的。相手のことは考えていません。なので求めれば求めるほど、相手は「うっとうしい」と感じ離れていくので、なかなか幸せになれないタイプかもしれません。

あなたはニーディな人ですか?

メンヘラ的なニーディ