【objective】客観的で事実に基づくオブジェクティブな性格とは?

客観的なオブジェクティブ

客観的な人は英語でobjective

というわけで今日使えるようになってもらう言葉はobjective(オブジェクティブ)です。

客観的な人っていますよね。主観ではなく、客観でモノを見る人。個人的な感情を挟まないで、客観的事実に基づいて物事を判断します。こういう人は公正公平えこひいきしないので信用できます。しかし、行き過ぎると、周りからはロボットみたいに冷たく見えるのでご注意を。そんなオブジェクティブな人をイメージしながら、今日も音読やっていきましょう。

objectiveの真の意味は?

(of a person or their judgement) not influenced by personal feelings or opinions in considering and representing facts.

lexico.com

真実を追求する際に、個人的な感情や意見に影響されないこと。

based on facts, or making a decision that is based on facts rather than on your feelings or beliefs

ロングマン現代英英辞典

事実に基づいていること。または、事実に基づいて判断すること。感情や信念ではなく

If someone is objective, they base their opinions on facts rather than on their personal feelings.

Collins Dictionary

オブジェクティブな人とは、個人的な感情ではなく事実に基づいて自分の意見を持つ人のこと。

objectiveの類語は?

impartial「偏ってない」
impersonal「個人的な感情を含めない」
unbiased「先入観のない」
unprejudiced「偏見のない」
unemotional「感情を表に出さない」
detached「分離した→冷静な、公平な」
fair-minded「公平な」
open-minded「寛容な、心の広い、偏見のない」
neutral「中立な」
judicial「裁判官のように公平な」ジューディシャル

actual「実際の、現実の」
factual「事実の、事実に基づく」
existing「実際に存在する」
empirical「経験や実験による」イン・リカウ
experiential「経験に基づく」エクスペリエンシャウ
experimental「実験に基づく」エクスペリメンタウ

objectiveの反対語は?

prejudiced「偏見のある」
biased「先入観のある」
unfair「不公平な」
unjust「不正な」
personal「個人的な、私事の、個人間の」
partial「部分的な→偏った、えこひいきの」
involved「関係している、関わっている」
emotional「感情的な」
subjective「主観的な」

オブジェクティブってどんな意味?

そもそも「客観的」とはどういうことを意味するのか?この言葉の核は「離れている」ということです。どっぷりと浸かっていないんです。関わっていないんです。

人は感情的な生き物なので、自分と親しい人や愛している人が裁判などで裁かれるときに、どうしても個人的感情に流されてしまいます。その結果、身内には「えこひいき」をしてしまうのです。

そうならないためにも、公平公正な判断がしたければ、視点を主観から客観へと切り離す必要があるわけです。そうして個人的な感情ではなく、事実に基づいて判断することができるわけです。

オブジェクティブな人は、なるべく公平で中立であろうとします。なるべく偏見や先入観を取り払おうとしています。情に流されないので、周りからは冷たい人間だと思われますが、それよりも「公平さ」に重きを置くということです。

警察官検察官裁判官には必須の要素です。

客観的なオブジェクティブ