【pessimistic】悲観的でネガティブなペッスィミスティックな性格とは?

悲観的なペッスィミスティック2

悲観的は英語でpessimistic

というわけで今日使えるようになってもらう言葉は、pessimistic(ペッスィミスティック)です。

悲観的な人っていますよね。いつも物事の悪い部分ばかり見て、ネガティブなことばかり言う人です。いつもがっかり、いつも絶望して、ため息ばかりついています。口癖は「もうだめだぁ…」「どうせうまくいくわけない…」です。こういう人は、周りの人まで下へ下へと引きずり込んでいくので注意が必要です。そんなペッスィミスティックをイメージしながら、今日も音読やっていきましょう。

pessimisticの真の意味は?

Tending to see the worst aspect of things or believe that the worst will happen.

lexico.com

物事の最悪の側面を見る傾向がある。もしくは最悪の事態が起こると信じていること。

expecting that bad things will happen in the future or that something will have a bad result

ロングマン現代英英辞典

未来で悪いことが起こる、もしくは悪い結果になると、予想していること。

Someone who is pessimistic thinks that bad things are going to happen.

Collins Dictionary

ペッスィミスティックな人とは、悪いことが起こると考えること。

pessimisticの類語は?

negative「ネガティブな、悲観的な」
downbeat「陰気な、希望の無い」
hopeless「希望の無い」
despairing「絶望の」ディスペアリン
discouraged「がっかりした、落胆した、やる気をなくした」
defeatist「敗北主義者の」
bleak「寒くて暗い」
gloomy「薄暗い、憂鬱な、陰気な」
glum「悲しくて静かで、不幸せな」
cynical「冷笑的な、皮肉的な、悲観的な」
fatalistic「悲劇的な、運命論者の、宿命論者の」

pessimisticの反対語は?

bright「明るい」
sunny「晴れている→陽気な」
happy「幸せな」
cheerful「陽気な、快活な」
joyful「とてもうれしい、喜びに満ちた」
exhilarated「うきうきの」
hopeful「希望のある」
optimistic「楽観的な」
encouraged「勇気づけられた、元気づけられた」
confident「自信のある」
buoyant「浮く、上昇する→元気な」ボイアント

ペッスィミスティックってどんな意味?

このペッスィミスティックという言葉は、もともとラテン語のペッスィマス「最悪なこと」からきています。

こういう人は、いつも最悪なことが起こると思っています。「良い部分」よりも「悪い部分」を見る比重が大きいんです。だからいっつも「ああ…終わった」とか「きっとダメだよ…どうせ」とか言います。ザ・ネガティブって感じです。

人は、ただでさえネガティブな人が多いし、低い方へ流れてしまう生き物なので、グループにこういう人が一人でも居れば、その集団はたちまち憂鬱陰気になります。ネガティブは、ウイルスのように感染しますから。

なので、なるべくこういう人には近づかないほうがいいかもしれません。

悲観的なペッスィミスティック2