untrustworthy「信用できない」アントラストワーズィな性格

信用できないアントラストワーズィ

「信用できない」は英語でuntrustworthy

信用できない、信頼できない、信じられない、胡散臭い人のことを英語でuntrustworthyと言います。というわけで今日は、アントラストワーズィという言葉を使えるようになってもらいます。テキトーなことばかり言う人っていますよね。約束を破ったり、平気で嘘をついたり。あることないこと言ったり。そういう人は信用できませんよね。そんな身近なアントラストワーズィな人を想像しながら、意味や類似表現を音読していきましょう。

untrustworthy「信用できない」アントラストワーズィの意味

untrustworthyの意味、定義

定義は「ことばの核」なのでしっかり音読しましょう。

Not able to be relied on as honest or truthful.

lexico.com

正直者や本当のものとして、頼ることができないこと。

someone who is untrustworthy cannot be trusted

ロングマン現代英英辞典

アントラストワーズィな人とは、信用できない人のこと。

If you say that someone is untrustworthy, you think they are unreliable and cannot be trusted.

Collins Dictionary

アントラストワーズィな人とは、頼れないし、信用できない人のこと。

untrustworthy「信用できない」アントラストワーズィの類語

untrustworthyの類語、似たことば

相手によって言うことを変える人、土壇場で裏切る人、裏表がある人などをイメージしながら、アントラストワーズィの類語を音読していきましょう。絶対信じちゃダメ!

dishonest「不正直な」
disloyal「不実な、不忠実な」
deceitful「嘘つきの、騙す」
double-dealing「不誠実な、裏切りの、二枚舌の」
two-faced「二面の、裏表ある、二心ある」
treacherous「裏切りの、不誠実な」
traitorous「反逆の、裏切りの」
false「偽の」
irresponsible「無責任な」
unreliable「信頼できない、頼れない」
capricious「気まぐれな→信頼できない」

untrustworthy「信用できない」アントラストワーズィの反対語

untrustworthyの反対語、逆のことば

約束を守る人、言動が一致している人、正直な人、いつも一貫している忠義と通す人をイメージしながら、アントラストワーズィの反対表現を音読していきましょう。

faithful「忠実な、信心深い」
frank「率直な、腹を割った」
open「開いた→正直な、素直な」
honest「正直な」
loyal「忠実な」
reliable「頼れる、信用できる」
dependable「信頼できる、当てになる」
responsible「責任ある」
true「真実の、本当の」
truthful「正直な、誠実な、正しい」
trustworthy「信用できる」

アントラストワーズィな人ってどんな英語の性格?

信じられない人の特徴は、コロコロとその意見や立場を変えるところにあると言えます。

悪意がある場合は、意図的に裏と表で言うことを変えてきます。もちろんアナタを騙すためです。餌食にならないように注意が必要です。

悪意が無い場合も要注意。本人は無自覚でも、流されやすいので、一貫性が無く、言うこともやることも本当にコロコロ変化し、最終的に裏切ります。

いずれにしてもこういう人は、信用できるものではありません。嘘をつく。約束を破る。裏切る。それがアントラストワーズィな人。あなたの周りにいるでしょうか?

今日のおまけ↓「こんな恋人は信用するな。不信の前兆」

おまけ2:「信用できない人間の3つの特徴」

信用できないアントラストワーズィ